VEGAN BURG KITCHEN

ARTICLE PAGE

in ABOUT US

動物との関わり方

-0 COMMENT
 VEGAN BURG Kitchenでは動物性の食べ物を一切使用していません。


それはパプリカ食堂でも同じです。今日はその辺りのことを少し書こうと思います。


201512230428_R.jpg

スポンサードリンク

動物性0を目指す方向性


動物性の食べ物を取らないことにはやはり理由があります。ヴィーガンの人達の中には動物愛護の活動をしている人も多くいます。実際にお店にご来店くださる方も多くいらっしゃいます。ヴィーガン共通の意識としてもっている感覚だと思います。


ヴィーガンになるきっかけというのは様々なようですが、多くは自身の体調を崩してからという方が多いです。そして食事を見直していくとヴィーガンにたどり着いた。という流れですね。

一方、動物愛護からヴィーガンになる方も多くいます。一言で言うと、動物がかわいそうだから殺してまで食べないと。

これに関しては、ヴィーガンの方ならほぼ間違いなく意見の衝突を経験したことだと思います。「偽善者が何を言っているんだ?」とか「家畜と動物は違う」とか「動物の気持ちが本当にわかるのか?」などなど。

それに関してはそれぞれの答えがあり、それぞれの思いがあると思います。ですので、一概のこれが答えというものは無いように思います。

そういったことももちろん経験した上で、動物性0を貫いて植物性の専門店として飲食店を営業していきたいと思います。この営業の先にある新たな社会のあり方、というのが見え隠れしているのを徐々に感じつつあります。日本ではまだ浸透していないヴィーガン・ベジタリアン。ペットショップの実態など、動物と人間の関わりを深く考えない現象も多くあるように思います。

しかし、少しづつですが変わりつつあります。お客様の反応や表情、特に連れて来ていただいたお子様の様子をみるのが最近は楽しく感じております。

ヴィーガンの主張や活動は人それぞれ


そういった意味も込めて、VEGAN BURG Kitchen では動物愛護の大きなデモをしたり、署名活動をしたり、といった活動を主体的にしていく事は考えておりません。もちろんそういった活動をしてくれている人々が周りにいます。

我々は、お子様にも安心で地球にもエコな食べ物としてベジバーガーを販売していければと思います。そこに全ての思いを凝縮させたいと思います。口下手なところもあります。

 


バーガーの販売を通じて、ベジタリアンの方はもちろんそうでない方でも楽しめる食事を追い求めたいと思います。そして、ヴィーガン・ベジタリアンでない方をどんどん巻き込んで、社会問題や食事の楽しさや本質を見直してもらえるきっかけになる飲食店を目指しております。

お子さんの心配しないくても(アレルギーは別ですが)安心して食べれるおいしいご飯として、地球にもやさしいエコな不良が頑張って争っている様子をぜひ、励ましにもしくは冷やかしに(笑)来てもらえればと思います。

オープンしてもうすぐ2ヶ月。堺東という南大阪の町にありますので、アクセスに関しては少しご不便があるかもしれませんが、皆様のご来店をお待ちしております。
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • Share

0 Comments

Leave a comment